ART WORKS

Tower Of Life

タワー・オブ・ライフ

Tower Of Life

The Expo Tower was disassembled in 2002 because it had deteriorated with age. Moss grew naturally in the interior of the cabin 100 meters above the ground. The Ripened Fruit of the Future fell to the earth. The seed in the fruit sprouted and again stretched to the heavens. Was this Jacob's Ladder? The Tower of Babel? An elevator to space? Kenji Yanobe transformed the Tower of the Future into a new form.


Parts of Expo Tower, moss, florescent light, insulator
600×600×270cm
2003


2002年に老朽化のために解体されたエキスポタワー。地上100メートルの高さにあったキャビンの内部ではコケが自生していた。「熟した未来の果実は地上に落下した。果実の中にある種は芽生え、再び天に伸びようとする。ヤコブの梯子?バベルの塔?宇宙に届く軌道エレベーター?……」ヤノベケンジの手によって未来の塔が新たな姿で生まれ変わる。


エキスポタワー部材、苔、蛍光灯、碍子
600×600×270cm
2003年

Tower Of Life
dot

Tower of Life (Plot Model)

タワー・オブ・ライフ(構想模型)

Tower of Life (Plot Model)

The plot model of the Tower of the Future that which Yanobe imagined at the dismantling place of the Expo Tower.


iron, aluminum, plastic, moss, florescent light
220×220×464cm
2003


エキスポタワーのキャビン解体時にヤノベが見た,新たな未来の塔の幻影を表す構想模型。


鉄、アルミニウム、プラスチック、苔、蛍光灯
220×220×464cm
2003年

dot

Tower of Life (fragment) -ripe fruit of the future-

タワー・オブ・ライフ(断片) - 未来の果実 -

Tower of Life Fragment -ripe fruit of the future-

Future Tower will be constracted with the parts of the Expo Tower. The memories of the MEGALOMANIA City.


Parts of Expo Tower, photo
275×260×32cm
2003


新たな未来の塔(タワー・オブ・ライフ)を構成するエキスポタワーのパネル。妄想未来都市の記憶の断片。


エキスポタワー部材、写真
275×260×32cm
2003年