PROJECTS

Viva Riva Project: Standa / ビバ・リバ・プロジェクト:スタンダ (2001)

Yanobe completed Standa in 2001 as a monument to “Revival”, the recovery of the “Ruins of the Future” in Chernobyl.


2001年、ヤノベはチェルノブイリの「未来の廃墟」に立ちあがった「再生(リヴァイヴァル)」のモニュメントとして、《スタンダ》を完成させた。

Standa

Among the photographs of the kindergarten taken in Chernobyl, there was the form of Atom Suit picking up a doll that had been thrown on the floor under a picture of the sun that had been drawn on the wall. Using that photo as a motif, Yanobe began to create Standa to revive that doll and to link the giant step of standing on two legs in the evolutionary process of humankind with the growth stage of his own child.


チェルノブイリで訪れた保育園での写真の中に、壁に描かれた太陽の下で、床に打ち棄てられた人形を拾いあげるアトムスーツの姿があった。この写真をモチーフとして、ヤノベはその人形を蘇らせようと、また同時に、2本足で立つという人類の進化過程の大きなステップを自身の子供の成長段階とリンクさせるようにしてスタンダの制作を始めたのである。

StandaStandaStandaStanda