PROJECTS

Ultra - Kuroi Taiyo (Black Sun) / ウルトラ-黒い太陽 (2009)

 In 2009, for the solo exhibition at Toyota Municipal Museum of Art, Kenji Yanobe started to make an “unprecedented ultra sculpture” worthy of the name of Ultra Project.  
He made his debut work Tanking Machine as an homage to Isolation Machine, invented by a neuroscientist John C. Lilly. Ultra- Black Sun is an homage to Tesla Coil invented by Nikola Tesla, whom Yanobe had been greatly influenced from.


ヤノベケンジは2009 年、豊田市美術館での個展に向けて、ウルトラプロジェクトという名称に相応しい「かつてない超越的(ウルトラ) 彫刻」の制作を開始する。
《タンキング・マシーン》が脳科学者であるジョン・C・リリーの考案したアイソレーション・タンクのオマージュであるとすれば、新たに作り出された作品は、ヤノベがかねてから影響を受けていたニコラ・テスラの考案したテスラコイルのオマージュである。

Ultra Kuroi Taiyo

With the help of Mitsuhide Yakushiji, a leading researcher and maker of Tesla Coil, Yanobe made a huge Tesla coil. He tried to make a sculpture with the four fundamental states of matter, plasma. In cosmic space, plasma appears as a fixed sun such as sun and on earth, plasma appear as thunder. Plasma display and nuclear fusion are artificial plasma. Thus, Tesla Coil is related with artificial sun, such as Atomic Bomb and nuclear fusion.  
Yanobe got a hint from a geodesic dome and made two huge spheres with cor-ten steel panels and put sharp black horns radially on the spheres. He jointed the spheres to make a ball and installed a huge Tesla Coil inside the ball.


ヤノベは、テスラコイル製作・研究の第一人者である薬師寺美津秀氏の助けを借りて、巨大テスラコイルを制作した。それはヤノベが今まで取り扱っていた固体・液体・気体を超えて、物質の第四の状態と言われるプラズマを素材にした「彫刻」を作る試みでもあった。プラズマは宇宙では太陽(恒星)、地球では雷、人工的なものはプラズマディスプレイや核融合に代表される。したがって、テスラコイルは、核爆弾や核融合などの人工的な太陽に繋がるものでもある。  
ヤノベは、フラードームの一つにヒントを得た曲面状のコールテン鋼製のパネルを組み合わせた半球体のドームを作り、パネルの外側には放射状に伸びる無数の黒い角を取りつけた。

Ultra Kuroi Taiyo
Ultra Kuroi Taiyo Ultra Kuroi Taiyo

The Tesla Coil generated lightning and thunder and Ultra - Black Sun gave the audience impressions of fear and reverence. Black Sun is also the name of mysterious pattern drawn on the back of Tower of Sun (1970) by Taro Okamoto. Yanobe succeeded in expressing the beauty and danger of plasma in symbolic way.


《ウルトラ-黒い太陽》と名付けた作品の暗闇の穴から見える人工の稲妻と雷鳴は、見るものに根源的な畏敬と畏怖を与えることになった。「黒い太陽」とは、岡本太郎の《太陽の塔》(1970)の背面の謎めいた文様の名前でもある。ヤノベは、《ウルトラ-黒い太陽》によって、「人工の太陽」、「第四の物質」の持つ美しさと危うさという両面をシンボリックに表現することに成功したのだ。

Ultra Kuroi Taiyo