PROJECTS

CINEMATIZE / シネマタイズ (2016)

Kenji Yanobe: CINEMATIZE
Takamatsu Art Museum
July 16 - September 4, 2016

Part 1: Cinematized Reality "From Survival to Revival ̶ Documenting Ruins of the Future"
It is composed of the Y anobe Kenji’ s body of work from his early days to his latest projects as well as documentary screenings and materials. Including his Che rnobyl visit in 1997 and his post 3/11 earthquake works, this attempts to provide a comprehe nsive overview of the world of "cinematization" through Yanobe’s works and his activities as an artist showing storiesalmost like a movie.

Part 2: Cinematized Fiction "Parallel Fiction ̶ T o the Waters of the Fantasy World"
林海象× 永瀬正敏× ヤノベケンジ コラボレーション展示
Kenji Yanobe is in charge of the art direction for "BOLT," a new film by Director Kaizo Hayashi, and the movie set is installed in the museum as a giant install ation. The audience will experience the visual world as they walk through giant pools, p assages, and installations composed of Y anobe's works. During the exhibition period, a movie will be actually shot inside the museum.

ヤノベケンジ展「CINEMATIZE シネマタイズ」
高松市美術館
2016年7月16日 ~ 9月4日

第1部 Cinematized Reality 「サヴァイヴァルからリヴァイヴァルへ 未来の廃墟のドキュメント」
ヤノベケンジの初期作品から最新プロジェクトまで実作品の展示とドキュメンタリー映像、資料で構成。1997年のチェルノブイリ訪問や3.11 以降の制作など、映画のようなストーリー性を持つ作家活動と、作品によって「シネマタイズ」されていく世界の全貌に迫ります。

第2部 Cinematized Fiction 「パラレル・フィクション 妄想世界の水域へ」
林海象× 永瀬正敏× ヤノベケンジ コラボレーション展示
ヤノベケンジが美術を担当する林海象監督の新作映画『BOLT』の撮影セットを巨大インスタレーションとして美術館内に組み上げます。観客は巨大プールや通路、ヤノベ作品で構成されたインスタレーションを回遊しその映像世界を体感します。展覧会期中、実際に館内で映画の撮影が行われます。

CINEMATIZE
CINEMATIZE CINEMATIZE
dot

1 | Rebirth 誕生

CINEMATIZE CINEMATIZE

《Tanking Machine》(1990) is essentially Kenji Yanobe’ s debut production. A white tank built with iron welding cuts off information from the physical world, and the inside is filled with a physiological solution of sodium chloride that is heated to approximately body temperature. Yanobe himsel f, as well as audience members, were able to actually enter this device and enter a state of meditation while being unified with the work. Yanobe, the producer of《Tanking Machine》, successfully expressed as modern art the values and esthetics he had cultivated from early childhood through the influences of subcultures such as science fiction, special effects movies, anime and manga, as well as pop culture. This brought Yanobe huge attention as one of the leading lights of a new wave of “neo pop” that engulfed Japan at the beginning of the 1990s.

 《タンキング・マシーン》(1990)は、ヤノベケンジの実質的デビュー作である。鉄溶接で作られた白いタンクは外界からの情報を遮断し、内部はプロパンガ スによって体温程度に温めた生理食塩水で満たされている。実際にヤノベ自身や観客が中に入り、作品と一体化しながら瞑想することができる装置となっている。ヤノベは、留学先のロンドンの蚤の市で購入したという戦前の英国軍用のガスマスクを白く塗装し、自身の顔を型どったライフマスクに装着させた。
 インスピレーションの元となったのは、アメリカ国立精神衛生研究所(NIMH)で研究していた神経生理学者、ジョン・C・リリーが1954年に開発したアイソレーション・タンク(感覚遮断タンク)である。フローティング・タン クとも言われ、重力を含む外部からの刺激を極度に低下させることで変性意識状態(Altered state of consciousness)になるとされ、それは胎内にいる 意識に近いとも言われる。1979年には、ケン・ラッセルによって、ジョン・C・リリーとアイショレーション・タンクをモデルにしたSF映画『アルタード・ステーツ』が制作されている。
 《タンキング・マシーン》を制作したヤノベは、幼少期から影響を受けたSFや特撮映画、アニメや漫画などのサブカルチャー、ポップ・カルチャーから醸 成した価値観や美学を現代アートとして表現化することに成功した。そして1990年代初頭、同時多発的に日本で生まれた新しい潮流(ネオ・ポップ)として大きな注目を浴びることとなった。胎内回帰的行為によって、アーティスト、ヤノベケンジは誕生した。

dot

2 | Survival サヴァイヴァル

CINEMATIZE

 In 1991, an accident occurred at the Mihama Nuclear Power Plant, in which an extremely small amount of radioactive material leaked outside.《Yellow Suit》(1991), produced immediately thereafter, is a thick protective suit made with iron plates and lead to block out radiation. Also attached are a protective suit for one’ s pet dog and an oxygen generation device based on the photosynthesis process of plants. The《Yellow Suit》was the first suit to feature a Geiger counter for detection of radiation, and was the prototype for Yanobe’s later masterpiece - the《Atom Suit》(1997) radiation protective gear.
 In 1992, Yanobe produced the private train entitled《Survival System Train》(1992). This brought together various pieces of equipment with functions necessary for surviving modern society, including an oxygen generation container, a water distillation container, and household tools, forming a survival-themed fortress in museums and galleries based on Yanobe’s own delusion.

1991年、美浜発電所(美浜原発)事故が起こり、微量の放射性物質が外部に漏れる。その直後に制作された《イエロー・スーツ》(1991)は、放射線を遮断する鉄板と鉛で作られた重厚な防護服である。愛犬のための防護服も付随し、スーツを吊り下げる天秤の片方には植物による酸素発生装置がある。放射線を検知するガイガー・カウンターを初めて取り入れた《イエロー・スーツ》は、後の代表作である放射能防護服《アトムスーツ》(1997)の原型として位置付けられる。
 その翌年には、私設列車《サヴァイヴァル・システム・トレイン》(1992)を制作。酸素発生コンテナ、蒸留水発生コンテナ、家財道具など、現代社会を生き延びるための各種道具を連結させながら、「サヴァイヴァル」をテーマに美術館やギャラリーで自身の妄想砦を構築していった。
 ヤノベは《タンキング・マシーン》(1990)において、サブカルチャー、ポップ・カルチャーで得た価値観や美学を現代アートとして表現する方法を確立。 なかでも世紀末の終末思想はもっとも影響を受けた主題の一つであった。  また、1986年のチェルノブイリ原発事故は、その後フィクションの世界にも大きな影響を与える。核戦争や原発事故による人類の終末は、もっとも実現性の高いシナリオだったからだ。サブカルチャー、ポップ・カルチャーに影響を受けたヤノベが、核戦争や原発事故のための「サヴァイヴァル」を想定したのは必然のことであったといえるだろう。
 なお、美浜原発(1号機)は、電力会社(一般電気事業者)が初めて原子力発電を行った発電所であり、日本万国博覧会(大阪万博)開催中に、万博会場への試験送電が行われた。幼少期に大阪万博跡地の解体現場を遊び場として過ごし、原子力による「未来の廃墟」を先取りしたヤノベにとって、90年代は「未来の廃墟」が全面展開する恐怖との戦いであり、創作することは「サヴァイヴァル」することと同じ意味を持っていた。

dot

3 | Atomic Suit アトム・スーツ

CINEMATIZE

Yanobe set about developing the《Yellow Suit 》(1991) in pursuit of radiation protective gear with greater functionality, which led him to start working on the “Atom Suit” , with Geiger counters fixed to cover delicate organs of the human body (such as eyes, viscera, and genitalia) , and the suit flashing sounding an alarm when radiation is detected. The initially produced《Radiation Suit Atom》(1996)features a color scheme in homage to “Astro Boy” , with a humorous form reminiscent of a cartoon character’ s costume.《Radiation Suit Uran》(1996)is a model specifically designed for women and can be attached to a shower that removes radioactive material.
 《Atom Suit》(1997) was produced for the《Atom Suit Project》(1997-2003) that investigated Chernobyl after the nuclear power plant accident that occurred there, and this suit not only features a refined beauty of form but also has practical functions for protecting oneself from high concentrations of radiation by washing away radioactive material that has become stuck to the body. The《Mini Atom Suit 》(2003), designed for use by children, was produced with the 3-year-old children Yanobe met in Chernobyl in mind.
 Inserting 100 yen coins will activate the《Atom Car(White)》(1998), but it will stop when the on-board Geiger counter detects radiation ten times. Visitors have to ke ep dropping coins into its slot in order to drive(survive), producing an ironic vision of atomic energy in a city of the future.
 《Bunker Bunker (Diorama Model)》(1999))is an underground shelter model filled with items for emergency usefor surviving in “The Ruins of the Future” .

《イエロー・スーツ》(1991)を発展させ、より機能的な放射能防護服の追求を続けるヤノベは、眼球・臓器・生殖器といった人体の繊細な器官部位にガイガー・カウンターを取り付け、放射線を受けると閃光と音で知らせる「アトム・スーツ」の制作を開始した。
   最初に制作した《ラディエーションスーツ・アトム》(1996)は、『鉄腕アトム』へのオマージュとなる配色に、着ぐるみ人形のようなユーモラスな形態をしている。《ラディエーションスーツ・ウラン》(1996)は女性用モデルとして放射性物質を除去できるようにシャワーが取り付けられるようになっている。
 《アトムスーツ・プロジェクト》(1997~2003)として、原発事故後のチェルノブイリを探訪するために制作した《アトムスーツ》(1997)は、洗練された造形美とともに、付着した放射性物質を洗い流し、高濃度の放射能から素早く身体を回避させることができる、最も実用的な機能を備えたスーツである。子ども用の《ミニ・アトムスーツ》(2003)はチェルノブイリで出会った3歳児の少年を想定して制作された。《アトムスーツ》のプロトタイプもしくはヴァリエーションとして制作された作品の数々は、共通のDNAをもつ「アトム・ファミリー」ともいえる作品群を構成している。
 《アトム・カー(White)》(1998)は、白、黒、黄色の3色あるうちの一台である。100円硬貨を入れると走行可能となるが、車に取り付けられたガイガー・カウンターが10回放射線を検知すると停止する。走る(サヴァイヴァルする)ためには硬貨(資金)を入れ続けなければならず、原子力の未来都市へのアイロニーとなっている。
 《ブンカー・ブンカー 構想模型》(1999)は、廃墟となった世界を生き延びるための非常用道具が装備された地下用シェルターの模型である。

dot

4 | Time Travel to “The Ruins of the Future” “未来の廃墟” への時間旅行

CINEMATIZE CINEMATIZE

《Atom Suit Project: Antenna of the Earth》(2000)is an installation that features a life-sized doll of Yanobe himself, a huge number of 《Atom Suit》figures, and《Atom Suit Project》photographs that were taken in Chernobyl after the nuclear power plant accident there. Radiation that comes flying in from space randomly pours onto the earth, but Yanobe, focusing on this fatalistic interes t, produced《Antenna of the Earth》as part of his overlapping approach to communicating something as an artist while also receiving messages from nature.
 The《Atom Suit Project》took a fresh look at illusions and delusions in subcultures and pop culture in light of the Great Hanshin Earthquake and near-simultaneous sarin gas attack on the Tokyo subway, in order to regain a sense of reality through one’ s own body. For Yanobe, who was living in Berlin at that time i n 1995, Chernobyl after the nuclear power plant accident represented “The Ruins of the Future” of reality. This was also connected to Yanobe’ s wish to travel back in time to “The Ruins of the Future” that h e had seen in the disassembly of Osaka ’ s Expo Commemoration Park as an infant. However, the reality of his encounters with people living there went beyond his expectations, which led Yanobe to regret and repent for having used the victims of this disaster in artistic expression, and he was burdened with a sense of atonement.
 The life-sized doll of Yanobe himself in《Antenna of the Earth》was modeled on the statue of Kuya, which was produced in the Kamakura period. Kuya, said to be “Saint of the marketplace” , quickly spread faith to the masses during the Heian period, regardless of their status. The statue appears to be going around various countries, and the six small statues emanating from its mouth are statues of the Tathagata Amitabha. These are taken as representing six characters: 南, 無, 阿, 弥, 陀 and 仏. The figures emanating from Yanobe’ s mouth perhaps signify his honest expression after removing his helmet.

ヤノベ本人をモデルにした等身大立像、大量の《アトムスーツ》フィギュア(人形模型)と、原発事故後のチェルノブイリで撮影された《アトムスーツ・プロジェクト》の写真で構成された《アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ》(2000)は、ガイガー・カウンターの付いたフィギュアにより、目に見えない放射線を検知する音を含めたインスレーション作品である。
 放射線には人工的な放射性物質によるものだけではなく、宇宙線や放射性物質を含む大地から発生する自然放射線がある。特に宇宙から飛来する放射線はアトランダムに降り注いでおり、その運命論的なおもしろさにもヤノベは着目し、自然の中にあるメッセージを受けながら何かを伝えていくアーティストの存在と重ね合わせるように《大地のアンテナ》を制作した。
 ライトボックスの台座には、チェルノブイリで撮影された大量の写真が配置され、ヤノベは原子炉から30km圏内の居住禁止区域(ZONE)で図らずも邂逅した自主帰還民(サマショール)たちや、当時3歳の少年との出会いを初めて公開する。
 《アトムスーツ・プロジェクト》は、阪神・淡路大震災や同世代が起こした地下鉄サリン事件を機会に、サブカルチャー、ポップ・カルチャー的な幻想・妄想を見直し、自身の身体を介して現実感を取り戻すための行為だった。1995年当時、ベルリンに滞在していたヤノベにとって、原発事故後のチェルノブイリは現実の「未来の廃墟」であった。それは、幼少期に大阪万博跡地の解体現場で見た「未来の廃墟」への時間旅行を追体験したいという思いにも繋がっていく。しかし、その地で暮らす人々との出会いという想定外の現実により、ヤノベは芸術表現に被災者である人々を利用してしまった後悔と懺悔、贖罪意識を背負うことになった。
 鎌倉時代に作られた彫像、空也上人立像をモデルに、《大地のアンテナ》でヘルメットを取ったヤノベは自分の素顔をさらけだし、口から6つのフィギュアを出している。「市の聖」と言われた空也上人は、平安時時代に貴賤を問わず庶民へ信仰を広げた。立像は諸国を廻っている姿であり、口から出ている6体の小像は阿弥陀如来像である。それは空也が唱えた「南・無・阿・弥・陀・仏」の6字の名号を表しているとされる。ヤノベの立像の口から出ているフィギュアが意味するものは「ヤ・ノ・ベ・ケ・ン・ジ」の6字であろうか。それはヘルメットを外した素顔の声なのかもしれない。

dot

5 | The Future Sun 未来の太陽

CINEMATIZE

After the Great East Japan Earthquake Disaster of 2011, Kenji Yanobe started to take a new approach, moving away from the external criticism of society that had typified hi s approach to date, and instead going into the community and actively changing reality with the power of art.
《Sun Child》(2011), which Yanobe produced in year of the Great East Japan Earthquake Disaster, is a monument produced as a symbol of hope, breaking down the status quo. This enormous statue of a child wearing radiation protective gear but with its helmet removed, and carrying a small sun in its right hand, embodies “hope for the future” with a desire to see resolution of energy problems and radioactive contamination in the next generation. Three of these《Sun Child》statues were produced and exhibited in various places around the world, including Moscow, Israel and Fukushima, and one of the statues is permanently installed in Yanobe’ s home town of Ibaraki in Osaka Prefecture.
 《Temple of the Sun / Sun Child Island Concept Maqutte(1/50)》(2011) is designed as a sacred artificial island with《Sun Child》as its deity statue, conceived as a site for marriage ceremonies in Kumamoto.
 In 2014, Yanobe produced《Sun Sister》as an elder sister to《Sun Child》. The girl closes her eyes and gives a prayer in the direction of the flashing lights of the《Breathing Sun》(2014), then awakes and stands up, announcing that a new world has arrived as she stretches out her hands. Soon,《Sun Sister》 will be vividly decorated and reborn as《Flora》(2015) in a collaboration with Sebastian Masuda.
 《Island of the Sun Concept Maqutte》(2015)is a plan that was drafted for the culture program of the 2020 Tokyo Olympics & Paralympics. It is a huge artificial island wit h a museum and an arena for concerts, and can be moved around Japan while being powered with renewable energy. This plan is of a scale similar to a moving Mont Saint-Michel, but the island itself is designed to become a single ecosystem coated with the appearance of a futureversion of Japan.

東日本大震災後、ヤノベケンジは外部から社会を批評するような従来の現代アートの表現から踏み込んで、内部のコミュニティに入り込み実際にアートの力で現実を変えていく積極的アプローチを開始する。
 震災の年に制作された《サン・チャイルド》(2011)は、学生や若いクリエイター、被災地の人々、そしてヤノベ自身を鼓舞するために、現状を打破し希望の象徴となるイメージを形にしたモニュメントである。放射能防護服を着用しつつもヘルメットを脱ぎ、右手に「小さな太陽」を持つ巨大な子ども像は、次世代にエネルギー問題や放射能汚染が解決される「未来の希望」を示唆している。モスクワ、イスラエルなど世界各地を巡回し、3体ある《サン・チャイルド》のうち1体は、ヤノベの故郷である大阪府茨木市に恒久設置されている。また、震災翌年の「福島現代美術ビエンナーレ2012」では、クラウドファンディングで多くの賛同者や支援者の協力を募り、福島空港での展示を実現させた(会期は大幅に延長して展示された)。
 《太陽の神殿/サン・チャイルド島 構想模型 (1/50)》(2011)は、《サン・チャイルド》を神像とする人工島の神殿であり、熊本の結婚式場のために構想されたプランである。その構想を引き継ぐ《サン・チャイルド(ステンドグラス)》 (2012)や《チャーチ・チェア》(2013)は、《太陽の結婚式(インスタレーション)》(2013)の一部として、「あいちトリエンナーレ2013」で発表された。
 性別に区別のない子ども像《サン・チャイルド》よりも少し年上の少女像として、2014年には《サン・シスター》が制作された。光が明滅する《呼吸する太陽》(2014)に向かって目を閉じて祈りを捧げる少女は、目覚めて立ち上がり、手を広げながら新しい世界が来たことを告げる。京都、東京で展示された後には「福島現代美術ビエンナーレ2014」にも出品された。その後、2体目となる《サン・シスター》(2015)は、《サン・チャイルド》の姉として、東日本に先んじて復興・再生を遂げつつある阪神地区のパブリック・モニュメントとなる。太陽光を反射するステンレス製の服を着て、右手に「小さな太陽」を持ち両足を踏みしめる姿で、阪神・淡路大震災より20年の節目に兵庫県立美術館前に恒久設置された。
 一方、原型の《サン・シスター》は、増田セバスチャンとのコラボレーションにより、色鮮やかな装飾が加えられ、《フローラ》(2015)として生まれ変わった。琳派400年記念祭の一環である「パンテオン-神々の饗宴-」が行われた京都府立植物園にて、風神(《風神の塔》)、雷神(《ウルトラ-黒い太陽》)とともに降臨し、かつての「風神雷神図」では描かれなかった中央の女神として新たな希望の象徴となった。
 《太陽の島 構想模型》(2015)は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムのために提案されたプランである。美術館やコンサートができるアリーナを備えた巨大な人工島であり、再生可能エネルギーで発電を行いながら日本各地へ移動できる。モン・サン=ミシェルが動くような壮大な計画であるが、島自体が一つのエコシステムとなっており、将来の日本の姿を重ねている。

CINEMATIZE
dot

6 | Revival:The Another Sun リヴァイヴァル-もう一つの太陽

CINEMATIZE

When looking back at the photographs of his visit to Chern obyl, one photo stood out and gave Yanobe new inspiration. That photograph was《Atom Suit Project: Nursery School 4, Chernobyl》(taken in 1997 and produced in 2003), in which Yanobe is standing, wearing the《Atom Suit》and picking up a doll that has rotted, under a picture of the sun with a face that had been drawn on the wall.
 After entering the 21st century, Yanobe set out the theme of “ Revival” and announced the《Viva Riva Project: Standa》(2001). Yanobe produced this large baby doll that stands and looks toward the sun in an attempt to regenerate the scene in which he held a doll at the kindergarte n in Chernobyl, superimposed with Yanobe’ s thoughts on the lifting of one’ s spirits that is connected to growth, after seeing his own child become able to stand by means of its own strength.
 When the Geiger counter detects a certain level of radiation, the child doll, prostrate on the floor, lifts its heavy head. The work was named《Viva Riva Project: Standa》(2001) from Japanese writing in imitation of the pronunciation of the phrase “Stand Up”. Switching from a theme of “Survival” to one of “Revival”, Yanobe has sublimated his experience of Chernobyl in this monumental work of clear expression.

サブカルチャー、ポップ・カルチャーに蔓延していた世紀末の終末思想は、オウム真理教による事件の引き金となり、同世代であるヤノべは自身が憑りつかれていた「妄想」とも紙一重だということに気付く。『ノストラダムスの大予言』(五島勉著)の流行など、実質上、日本で初めて迎える西暦の世紀末は、歪んだ形で若者に終末思想を植え付けていた。
 1995年、阪神・淡路大震災という自然が起こしたカタストロフィーと、地下鉄サリン事件という人為的なテロ行為を、当時、制作拠点のあった遠いベルリンでメディアを通して体験したヤノベは、自身の妄想と現実との断絶を埋める必要性に迫られた。世紀末と終末思想を直接的に結び付けた、1986年に原発事故を起こしたチェルノブイリへの探訪は、妄想と現実との断絶を埋めるために適した場所だと思われた。しかし、チェルノブイリで自主帰還住民と出会ったことで、ヤノベは深い後悔と懺悔、贖罪意識を持つことになる。
 その後、チェルノブイリ探訪時の撮影フィルムを見直している時に発見した1枚の写真が、ヤノベに新しいインスピレーションを与える。その写真は、壁面に顔の描かれた太陽、朽ちた人形を抱える《アトムスーツ》を着たヤノベが佇んでいるという、《アトムスーツ・プロジェクト:保育園4・チェルノブイリ》(1997撮影、2003制作)である。
 21世紀を迎えた後、ヤノベは「リヴァイヴァル」をテーマに掲げ、《ビバ・リバ・プロジェクト -スタンダ- 》(2001)を発表した。私生活では子どもが誕生して自力で立つ時期であり、ヤノベは成長への願いを込めると同時に、自身の魂も再び立ち上がらせることを重ね合わせ、チェルノブイリの幼稚園でその手に抱えた人形を再生させようと、太陽に向かって立つ巨大な幼児人形を制作した。ガイガー・カウンターで放射線を一定数値検知すると、ひれ伏していた巨大な幼児人形は、自ら重い頭を上げて立ち上がる。その時、視線の先にある「太陽」の彫刻からは祝福として虹色に輝くシャボン玉が口から吹き出される仕組みとなっている。
作品は「Stand Up」の発音を模した日本語表記から《ビバ・リバ・プロジェクト -スタンダ- 》(2001)と命名された。「サヴァイヴァル」から「リヴァイヴァル」へとテーマを移行し、チェルノブイリの経験が昇華され、明確な表現となった記念碑的作品である。二足で立つことは、人間の成長と同時に、人類の進化の大きなステップでもあり、そして二足歩行へと繋がっていく。その後も「立つ」ことはヤノベの作品において重要なテーマとなっている。

CINEMATIZE
dot

7 | The Great Adventure of Torayan: The Agent of Kenji Yanobe トらやんの大冒険 ヤノベケンジの代弁者

CINEMATIZE

 In 2003, Yanobe held a one-man solo exhibition called “Megalom ania” at the National Museum of Art, Osaka, the site of Expo '70, which is the starting point for Yanobe’ s imagination, and this was the last exhibition to be held at this venue before it was moved. Before constructing that sol o exhibition, Yanobe ’ s father, who started ventriloquism after retirement, borrowed the《Mini Atom Suit》(2003)display item and put it onto his own ventriloquist’ s dummy, creating《Torayan》. Thereafter, a series of works was developed with this character as the protagonist, acting as Yanobe’ s spokesperson.
 The debut work featuring《Torayan》(2004))was《Cinema in the Woods》(2004)). This movie theater specifically for children was produced for Yanobe’ s own children. On the outside is《Torayan》, standing on top of a barrel, and inside there is a movie playing called “The World o f Torayan” . The inside of the mountain hut is a shelter structure covered with solid iron, and food (confectionery) is also prepared.《Torayan》 gives a warning to children by singing and dancing when it detects radiation.
 The movie features Yanobe’ s father together with his ventriloquist’s dummy,《Torayan》, giving messages to grandchildren, citing the US Department of Defense’s “Duck and Cover” instructional animation for children during the Cold War period, delivering an educational program t hat communicates how to protect oneself from nuclear weapons. Thereafter,《Cinema in the Woods》became a series including works such as《Blue Cinema in the Woods》(2006), featuring travel on an elephant’s back, etc.
《Phantasmagoria》(2007)is an enormous chandelier depicting the legend of “The Gr eat Adventure of Torayan” on an iron sculpture using fretwork.

2003年、自身のイマジネーションの原点である万博会場跡地にあり、老朽化のためにとり壊される直前の国立国際美術館で個展開催の機会を得たヤノベは、「メガロマニア」と題し、集大成ともいえる膨大な作品を集結させて、 アーティストとして最後の仕事かもしれないと思って取り組んだ。自身のイマジネーションのすべてを出し尽くした後、ヤノベは父親が定年後に始めた腹話術人形「トらやん」に可能性の未来を見出した。《ミニ・アトムスーツ》(2003)を着用した《トらやん》(2004)の誕生である。結果、ヤノベ自身を主人公にする作品は終了し、ヤノベの代弁者として《トらやん》を主役にした作品シリーズが開始されることとなった。
 《トらやん》のデビュー作は、《森の映画館》(2004)である。自身の子どもたちのために作り上げた子ども専用の映画館であり、外には樽の上に立つ《トらやん》、中では映画「トらやんの世界」が上映されている。実は、外見は山小屋風の木造であるが、内部は堅牢な鉄で覆われたシェルター構造になっており、食料(お菓子)も装備されている。《トらやん》は放射線を検知すると「歌って踊る」ことで子どもたちに注意を喚起する。  映画は、ヤノベの父親が腹話術人形《トらやん》と一緒に孫たちにメッセージを送り、冷戦時代にアメリカ国防総相が製作した子ども向けの啓蒙アニメ「Duck and Cover」を引用しながら、核爆弾から身を守るための方法を伝える教育番組となっている。その後、《森の映画館》はシリーズ化し、象の背中に乗せて旅する《青い森の映画館》(2006))などが制作される。
 《トらやん》の登場により、それまでの一人称の視点から三人称の視点を得たヤノベは、「トらやん」を通して世界を見つめる物語性を獲得していく。霧島アートの森で開催された展覧会「トらやんの世界」のカタログとして制作された絵本『トらやんの大冒険』(2007)や、「水都大阪2009」のための『トらやんの大冒険 ラッキードラゴンのおはなし』では、自身のメッセージを物語・フィクションによって作品の中へと巧みに組み込む方法論を確立した。
 一方で、様々な空間に《トらやん》を主役にしたジオラマのようなインスタレーションも展開する。《ファンタスマゴリア》(2007)は、鉄彫刻に『トらやんの大冒険』の物語を切り描いた巨大シャンデリアである。《トらやん》の存在は、現実と虚構を無限にフィードバックさせる今日のヤノベの作品世界の土台となっている。

dot
CINEMATIZE

CINEMATIZE
dot

8 | CINEMATIZE シネマタイズ

CINEMATIZE

 This public installation turns one room of a museum into a movie set, with Kenji Yanobe in charge of film art for the sci-fi movie “BOLT”, written and directed by Kaizo Hayashi and starring Masatoshi Nagase. Shooting takes place during while the event is being held, with the theme of “Cinematization”.
 The story tells of workers who go with a do-or-die attitude to stop coolant that has been contaminated with highly concentrated radioactive material after a leakage from a nuclea r power plant following a huge earthquake. A documentary may be more suitable for simplifying and commenting on such a complicated problem, but this movie takes a sci-fi approach and looks at how people make decisions in extreme circumstances, placing the emphasis on the human spirit.
 In line with the script of the movie, this installation consists of structures such as large objects, pools and tunnels to resemble a nuclear reactor. The nuclear reactor is arranged as a《ULTRA ‒ Black Sun》(2009) with a plasma-generating device (Tesla Coil) that can also be describe d as artificial lighting inside a “Fly's Eye Dome”, which is a movable residence that easily be assembled and disas sembled, as invented by Buckminster Fuller. The《Viva Riva Project: New Deme》(2002) displayed adjacently revives the abandoned motif of 《Deme》, the enormous robot that was deigned by architect Arata Isozaki for Expo ’70 in Osaka, and the《The Tower of Iitate Monster》(2015), which is arranged facing these, was planned as a monument of Fukushima’ s local power company, using wind power to draw up water, hold it in its mouth, and spit it out. These installations project various messages to onlookers regarding matters such as humans’ rivalry and exchanges with energy.

林海象脚本、監督、永瀬正敏主演によるSF映画『BOLT』の映画美術をヤノベケンジが担当し、美術館の一室を映画セットとして公開するインスタレーション。会期中に撮影が行われ、「シネマタイズ=映画化」がテーマとなっている。  巨大地震後に原子力発電所から漏れた高濃度放射性物質に汚染された冷却水を作業員たちが決死の覚悟で止めにいく、というストーリーであり、現実に起きた事故がモチーフとなっている。しかし、複雑なこの問題を単純化し、批判するならばドキュメンタリーの方がふさわしく、映画ではSFの体裁がとられ、究極の状態で人はどのように判断するのか、というヒューマニズムに重点が置かれている。現実に対する向き合い方はいろいろあるが、映画やアートが二項対立になりがちな集団心理の中で違う視点を提供する役割を持っているのは確かである。
 本展における「シネマタイズ」は、Cinematize(映画化する)という動詞からとられているが、単純に美術館を映画セットにして映画化するという意味ではない。ヤノベの創作の軌跡において、アートを美術館やギャラリーだけではなく、街中や野外に置くことで、偶然立ち会った観客も含めて映画撮影のような独特な雰囲気を作り上げ、同時に撮影される記録映像もフィクションのようになる効果について名付けたものである。ヤノベの震災後の活動も、作品を置くことで現実を空想的にしてしまい、現実に縛られてしまいがちな人々の意識を解放する効果をもたらしている。そして、希望を与え勇気づけようとしている。
 「シネマタイズ」展の第2部のインスタレーションは、映画の脚本に合わせて、原子炉に見立てた巨大オブジェやプール、トンネルなどの構造物が組み上げられているが、原子炉はフライズアイ・ドームに黒い角を付け、内部に人工雷ともいえるプラズマ発生装置(テスラコイル)を入れた《ウルトラ-黒い太陽》(2009)を組み入れたものである。プラズマは核融合にも繋がる。また、原子炉の横には、《ビバ・リバ・プロジェクト -ニュー・デメ-》(2002)が展示され、反対側には《風神の塔》(2015)が展示されている。
 《ビバ・リバ・プロジェクト -ニュー・デメ-》(2002)は、大阪万博当時、建築家の磯崎新が設計した巨大ロボット《デメ》のイメージを廃墟から蘇らせたものである。《風神の塔》(2015)は、福島の地域電力会社のモニュメン トのために構想され、風力で水を汲み上げ、口に溜まると吐き出すことが想定されている。「パンテオン」展において、風神の象徴となり、雷神の代わりの《ウルトラ-黒い太陽》、《フローラ》とともに展示された。映画セットでありながら、インスタレーション作品としても独立しており、エネルギーに対する人類の相克と転換を示唆している。

CINEMATIZE CINEMATIZE
CINEMATIZE

CINEMATIZE
dot

【The movie "BOLT"】
(medium-length sci-fi movie) directed by Kaizo Hayashi, starring Masatoshi Nagase, with art direction by Kenji Yanobe. 2017. Theatrical release (TBA).
・Plot: One day, a major earthquake hits Japan. A bolt of a nuclear power plan t was loosened by the jolt, and the coolant water begins to leak from the piping of the pressure control tank. This is the story of men who must tighten the bolt in order to stop the leaking of the highly radioactive coolant water.
・"BOLT" (pilot movie, short version) is the first episode of the shor t film trilogy by director Kaizo Hayashi. The second episode "GOOD YEAR" was shot in 2015, and the third episode "LIFE" was shot in 2015-2016.


【Special Exhibition of Photographs by Masatoshi Nagase】
There will be a special display of photographs of Y anobe's work by Masatoshi Nagase, who isthe leading actor of "Bolt", a photographer, and an artist.

【映画『BOLT』について】
<SF 中編映画>林海象監督 永瀬正敏主演 ヤノベケンジ美術
2017 年劇場公開予定 ・あらすじ:ある日日本のある場所で大地震が起きた。その振動で原子力発電所のボルトがゆるみ、圧力制御タンクの配管から冷却水が漏れ始めた。その高放射能冷却水をとめるために、ボルトを締めにゆく男たちの物語。 ・『BOLT』は、林海象監督による短編映画3部作の内、2014 年撮影の第2話『GOOD YEAR』、2015-2016 年撮影の第3話『LIFE』に続いて撮影される第1話。

【永瀬正敏写真作品 特別展示】 『BOLT』主演の俳優であり、写真家、アーティストでもある永瀬正敏が、ヤノベ作品をモチーフにした写真作品を特別展示します。

dot

【Introduction】

This is the first large-scale solo exhibition in Shikoku by cont emporary artist, Kenji Yanobe. He has produced numerous imaginative works around the world, an d they are assembled d here from the perspective of cinematization. To "cinematize" means to transform the effects of space and reali ty like a movie. Y anobe sets up a fictional work with a story and characters in different places. In additi on to exhibiting Yanobe’ s body of work from his early days to his latest projects, the history of various c inematized space and reality is followed with reference materials and documentary screenings.
Furthermore, an entire exhibition gallery is made into a film se t as an installation, and a movie is scheduled to be actually shot there. Indeed, this is a groundb reaking exhibition where the museum itself becomes a cinematic space.

CINEMATIZE

高松市美術館では、1990 年代から日本の現代アートをリードし続けるアーティスト・ヤノベケンジによる四国における初の大規模な個展を開催します。
テーマは「CINEMATIZE( シネマタイズ)」です。
社会的メッセージにユーモアを盛り込み、イマジネーションあふれる作品の数々を世に放ってきたヤノベの創造の軌跡を、「シネマタイズ=映画化」という視点で再編します。ストーリー性やキャラクター性を豊富に持つヤノベ作品は、様々な場に設置されることで、もはや単体の物体ではなく、ヤノベが紡ぎ出す物語の役者や舞台美術と化し、空間や現実自体を映画のように変容させる効果があります。本展覧会では、虚構と現実が入り混じり、相互に影響しながら膨れ上がるヤノベの作品世界を「シネマタイズ」として新しく捉え直します。
 そもそも、これまでのヤノベの作家人生それ自体が「映画のような」、ストーリー性に満ちたものでした。1990年代初頭から「サヴァイヴァル」をテーマに身体に装着する機械彫刻を多数制作し、1997年には放射線を検知する防護服《アトムスーツ》を装着して原発事故後のチェルノブイリを訪問、2010年には福島県立美術館で展覧会に参加すると同時に、発電所跡の美術館(下山芸術の森発電所美術館)で、予言的ともいえる大洪水をモチーフとした巨大インスタレーションを展示しました。
 2011年の東日本大震災以降は、復興の願いを込めた《サン・チャイルド》に代表にされる作品群を制作、福島を含めて世界中で巡回展示しています。さらに、四国地方では小豆島に怒れる井戸の神様の作品《アンガー・フロム・ザ・ボトム》をビートたけしと共同制作。「瀬戸内国際芸術祭2013」の会期中には、井戸の神様の怒りを鎮める祭礼が地元の神主や巫女によって執り行われました。現在では社が建てられて「美井戸神社(びーとじんじゃ)」となり、水を守る祭神として祀られています。
 今回展示されるヤノベの各時期の作品は、まるで時代というシナリオライターに導かれるかのように時代とシンクロし、共鳴し合っています。また、作品同士が網の目状につながっています。それらを時系列的に見ることによって、時代精神が感じられると同時に、様々な伏線的なストーリーが浮かび上がるでしょう。それがこの先どこでつながるかはまだわかりません。
 そして、ヤノベがこれまで撮りためてきたドキュメンンタリー映像には、時代と向き合い、格闘しながら制作された作品が、空間や現実をいかにして映画のように変容させ、驚きに満ちた影響を与えてきたかが、克明に記録されています。また、膨大な数のドローイングや資料の展示によって、影響力のある巨大作品を作るイメージの源泉やストーリー性を生み出すイマジネーションの一端が明らかになるでしょう。
 さらに、映画監督・林海象、俳優・永瀬正敏とのコラボレーションにより展示室全体を映画セットにする巨大インスタレーションが設置され、実際の公開映画が撮影されます。それは、美術館自体を「シネマタイズ」し、アートの領域を拡張、横断する画期的な試みといえるでしょう。
 本展は、今後も続いてくヤノベ作品のドラマチックなストーリーの予感に満ちたものになるはずです。

dot

Courtesy of Takamatsu Art Museum and ULTRA Factory
Photo: Nobutada Omote