BIOGRAPHY

YANOBE KENJI

Profile

1965: Born in Osaka, Japan

1989: Studied as an exchange student at Royal College of Art, London, United Kingdom

1991: MFA, Kyoto City University of Arts, Japan

1994–97: Stayed in Berlin, Germany

2008–present: Professor at Kyoto University of the Arts and the director of ULTRA FACTORY

In 1990, Kenji Yanobe made his debut with Tanking Machine, in which visitors could meditate inside an isolation tank. Since then, he has created many large-scale mechanical sculptures exploring the theme of “survival” in contemporary society. 

The source of his creations is his memory of the former site of the Osaka’s Expo ’70. This space used to be the artist’s childhood playground, which he calls “the ruins of the future.” His works are politically charged but humorous and have received a good reputation both within Japan and internationally.

In 1997, he began the Atom Suit Project, wherein he visited Chernobyl wearing his Atom Suit, a radiation-detecting protection suit. Soon after, at the dawn of the 21st century, he shifted the theme of his work to “revival.”

In 2003, he held a solo exhibition titled MEGALOMANIA at the National Museum of Art, Osaka, built on the Osaka Expo ’70 site. In 2004, he started a series of works with his father’s ventriloquist doll “Torayan” as the key character in his production.

In 2004–2005, he completed an artist’s residency at the project studio of the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, and created Giant Torayan.

In 2009, he presented Lucky Dragon, a sculptural boat cruising along the waterways of Osaka City at the Aqua Metropolis Osaka 2009 festival, and he received the Osaka Cultural Prize.

After the Great East Japan Earthquake in 2011, he created a monument of hope, Sun Child, which travelled around Japan and abroad; one of the three monuments was permanently installed in Ibaraki City, Osaka, in 2012. In 2013, at the Setouchi Triennale, he exhibited the mirror ball sculpture THE STAR ANGER and collaborated with Beat Takeshi to produce Anger from the Bottom, both of which were permanently installed. In 2015, Sun Sister was permanently installed in front of the Hyogo Prefectural Museum of Art to commemorate 20 years since the Great Hanshin-Awaji Earthquake.

In 2017, he began creating a series called SHIP’S CAT, travel guardians that carry good fortune. In addition to being permanently installed in Hakata, Kamakura, Kyoto, Takamatsu, Hiroshima, and Shanghai, the series has been shown at the Chouyou Art Festival (Fukushima, 2017), SHIP’S CAT (Paris, 2018), and the Shukusai-Celebration as a collaborative project with Setouchi Triennale (Takamatsu, 2019).

In 2019, KOMAINU—Guardian Beasts— was exhibited in front of Ninai-do Hall at Enryaku-ji Temple on Mount Hiei to protect people from a globally deteriorating environment and the division and conflict within humanity. In April 2020, he exhibited the work in front of the Kyoto University of the Arts gate, hoping for the COVID-19 pandemic to come to an end.

In 2021, SHIP’S CAT (Muse), created for the opening of the Nakanoshima Museum of Art, Osaka, was permanently installed.

Questioning the origins of art and its meaning, Yanobe has created works that interact with the environments in which they feature.

Individual Exhibitions

2021 「タンキング・マシーン・リバース 90年代のヤノベケンジ展」MtK Contemporary Art、京都
2019 「SHIP’S CAT+kame3 2019祝祭」高松丸亀町商店街、香川
2016 「FUKUSHIMA WORKS」ギャラリーオフグリッド、福島
「シネマタイズ」高松市美術館、香川
2011 「Mythos」入善町下山芸術の森 発電所美術館、富山
「TARO100 祭 ヤノベケンジ展:太陽の子・太郎の子」岡本太郎記念館、東京
2010 「平成22年春の有隣荘特別公開 ヤノベケンジ 幻燈夜会」大原美術館 有隣荘、岡山
2009 「ウルトラ」豊田市美術館、愛知
「水都大阪2009:トらやんの大冒険」大阪市役所、府立中之島図書館、中之島公園ローズポート、京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1、名村造船所跡地 他、大阪
2007 「トらやんの世界」鹿児島県霧島アートの森、鹿児島
2005 「キンダガルテン」豊田市美術館、愛知
2003 「メガロマニア」国立国際美術館、大阪
1998 「ルナ・プロジェクト」キリンアートスペース原宿、東京/ KPO キリンプラザ大阪、大阪 他巡回
「タイムトラベル・ダブルサイクル・プロジェクト」イッセイミヤケ フェット/MDS|G、東京
1997 「Survival System Train and Other Sculpture by Kenji Yanobe」センター・フォー・ジ・アーツ・イェルバ・ブエナ・ガーデンズ、サンフランシスコ、
アメリカ 他
1992 「妄想砦のヤノベケンジ」 水戸芸術館、茨城
1991 「ヤノベケンジの奇妙な生活」 KPO キリンプラザ大阪、大阪
1990 「タンキング・マシーン」 アートスペース虹、京都

Group Exhibitions

2020 「福島ビエンナーレ風月の芸術祭 in 白河」白河小峰城、福島
「KYOTO STEAM」京都市京セラ美術館、京都
2019 「パレルゴン:1980 年代、90 年代の日本の美術」BLUM & POE、ロサンゼルス、アメリカ
「照偶祭」比叡山延暦寺にない堂、滋賀
2017 「重陽の芸術祭」二本松城(霞ヶ城)本丸跡、福島
「JAPANORAMA-New Vision on Art Since 1970」ポンピドゥ・センター・メス、フランス
「SHIP’S CAT」ルーヴル美術館別館カルーゼル・デュ・ルーヴル、パリ、フランス
2016 「福島ビエンナーレ -氣-」二本松城(霞ヶ城)天守閣、福島
2015 「琳派400 年記念祭 パンテオン-神々の饗宴-」京都府立植物園、京都
2014 「京都府美術工芸新鋭展」(特別出品) 京都府京都文化博物館 別館ホール、京都
「福島現代美術ビエンナーレ -氣-」JA 会津いいで喜多方駅前 石蔵、福島
「京都国際映画祭 アートイベント」京都市役所前広場、京都
2013 「瀬戸内国際芸術祭」小豆島、香川
「Ohara Contemporary」大原美術館、岡山
「あいちトリエンナーレ 2013」愛知県美術館、愛知
2012 「Double Vision: Contemporary Art from Japan」モスクワ市近代美術館、ロシア/ハイファ美術館、イスラエル
「福島現代美術ビエンナーレ–SORA–」福島空港、福島
「3・11 とアーティスト:進行形の記録」水戸芸術館現代美術センター、茨城
「NAMURA ART MEETING」名村造船所跡地、大阪
2010 「胸騒ぎの夏休み」福島県立美術館、福島
「ARSENALE2012 キエフビエンナーレ」 キエフ、ウクライナ
2008 「Heavy Light」ICP、NY、アメリカ
2005 「リトルボーイ 爆発する日本のサブカルチャー・アート」ジャパン・ソサエティ、NY、アメリカ
2004 「六本木クロッシング」森美術館、東京2005 「リトルボーイ 爆発する日本のサブカルチャー・アート」ジャパン・ソサエティ、NY、アメリカ
2002 「EXPOSE 2002 夢の彼方へ」KPO キリンプラザ大阪、大阪/横浜赤レンガ倉庫、神奈川(-2003)
2000 「ギフト・オブ・ホープ」東京都現代美術館、東京
1999 「日本ゼロ年」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城2000 「ギフト・オブ・ホープ」東京都現代美術館、東京
1998 「SO WHAT ?‐Donai ya nen!」パリ国立高等美術学校、パリ、フランス
1996 「アート・エンボディド」MAC マルセイユ現代美術館、マルセイユ、フランス
「トラフィック」CAPC 現代美術館、ボルドー、フランス
1995 「今日の日本」ルイジアナ近代美術館、デンマーク 他巡回(-1997)
1994 「プラトンの洞窟」カール・エルンスト・オストハウス美術館、ハーゲン、ドイツ
1993 「2nd 北九州ビエンナーレ クロノスの仮面」 北九州市立美術館、福岡

Public Collections

大阪府、京都市、茨木市、福島市、小豆島町、国立国際美術館、大阪中之島美術館、兵庫県立美術館、和歌山県立近代美術館、東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、豊田市美術館、広島市現代美術館、熊本市現代美術館、北九州市立美術館、大原美術館、札幌宮の森美術館、 TAKAHASHI Collection、カリフォルニア大学サンタバーバラ美術館、FNAC、FRAC、ルイジぺッチ現代美術館、ボローニャ現代美術館、M+

Installation Works

2021 《SHIP’S CAT (Muse) 》大阪中之島美術館 エントランス外構(大阪)
2019 《SHIP’S CAT (Fortune) 》WeBase 広島(広島)
2018 《SHIP’S CAT (Returns) 》WeBase 高松(香川)
《SHIP’S CAT (Totem) 》WeBase 京都(京都)
《SHIP’S CAT (Sailor) 》長風大悦城 / Joy City(中国・上海)
2017 《SHIP’S CAT (Harbor) 》WeBase 鎌倉(神奈川)
《SHIP’S CAT》 WeBase 博多(福岡)
2015 《サン・シスター》兵庫県立美術館 大階段下(兵庫)
2013 《ウルトラ・サン・チャイルド》Zent 敷地内(愛知)
《スター・アンガー》小豆島町 坂手港(香川)
《アンガー・フロム・ザ・ボトム》* ビートたけしと共作 小豆島町 美井戸神社(香川)
《ジャンポ・トらやん(船長)》《ジャンポ・トらやん(オリーブ)》ジャンボフェリー 屋上展望デッキ
2012 《サン・チャイルド》南茨木駅前ロータリー(大阪)

Awards

2017 第29回京都美術文化賞
2012 京都府文化賞功労賞
2011 ​​第21回公益信託タカシマヤ文化基金 タカシマヤ美術賞
2009 大阪文化賞 受賞
2006 第21回日本現代彫刻展 宇部興産賞
1999 咲くやこの花賞
1993 五島記念文化財団 美術新人賞 受賞
1990 第1回キリンプラザ大阪 コンテンポラリー・アワード 最優秀作品賞

Publications

『SHIP’S CAT GIANT SCULPTURES OF KENJI YANOBE』 eTOKI、奈良、2022年
『SHIP’S CAT THE SCULPTURE OF KENJI YANOBE』 株式会社レーサム、東京、2017年
『新装版 YANOBE KENJI 1969–2005』 青幻舎、京都、2013年
『ULTRA』青幻舎、京都、2013年
『TORAYAN’S GREAT ADVENTURE』(Kindle Edition)tempo-press、東京、2012年
『KENJI YANOBE 1969–2005』(PDF) テンポプレス、東京、2012年
『Sun Child Project in Fukushima –208 Drawings–』(PDF) KENJI YANOBE Supporters Club、東京、2012年
『Sun Child』 Akio Nagasawa Publishing、東京、2012年
『トらやんの世界 ラッキードラゴンのおはなし』 サンリード、京都、2009年
『トらやんの大冒険』 Akio Nagasawa Publishing、東京、2007年
『ヤノベケンジ:ドキュメント子供都市計画』 美術出版社、東京、2005年
『KENJI YANOBE 1969–2005』 青幻舎、京都、2005年